コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WTI だぶりゅうてぃあい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WTI

原油価格の世界的指標のひとつ。アメリカテキサス州で産出される硫黄分が少なく、暖房用油、ジェット燃料、ガソリンといった需要の高い油を多く取り出せる高品質な原油(軽量スイート原油)のことを指す。その先物がニューヨークマーカンタイル取引所で取引されており、世界的な原油価格の指標になっている。原油価格の指標にとどまらず、世界経済の動きを占う重要な経済指標の1つでもある。しかし、アメリカの埋蔵量は世界の2%とも言われ、その代表銘柄としてのWTIも、その産出量とはかけ離れた売買がされている、という意見もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐ティー‐アイ【WTI】[West Texas Intermediate]

West Texas Intermediate》⇒WTI原油

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

FX用語集の解説

WTI

WTIとは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)にて取引されている原油先物です。WTIはウエスト・テキサス・インターミディエート(West Texas Intermediate)の略ですが、Intermediate(日本語訳は媒介物)の名の通り硫黄分が少なく、ガソリンを多く取り出せるほどの高品質となっております。日々の取引量は日量8,000万バレルと言われる世界の原油供給量を超える1億バレル分に達すると言われております。単位である「バレル(barrel)」の語源は「樽」であり、1バレルが約159リットルとなっているのは、かつて取引に用いられていた樽の容積が約159リットルであったことに由来するとされています。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

WTI

〖West Texas Intermediate〗
西部テキサス原油。アメリカが産出する代表的原油で世界の原油市況の指標となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

WTI
ダブリュティーアイ
West Texas Intermediate

アメリカ合衆国テキサス州を中心に産出される,低硫黄で,ガソリンの製造に適した軽質な原油の総称。ウェスト・テキサス・インターミディエイト。オクラホマ州クッシングの石油集積所で受け渡しされるほか,1983年には WTI先物がニューヨーク・マーカンタイル取引所に上場され,以降,WTI原油先物価格が世界の原油価格の指標として使われてきた。近年では,WTI原油の生産量は日量約 40万バーレルと減少している。他方,WTI先物の取引量は日量約 1億バーレルと大きく,価格が急騰あるいは急落しやすいことが指摘された。このため,実際に取り引きされているのは軽質・低硫黄原油先物となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

WTIの関連キーワードキャシーのbig C いま私にできることウエストテキサスインターミディエートデ・ウエスタン・セラピテクス研究所謳歌アフェア 情事の行方一次産品価格の高騰逆オイルショック非OPEC産油国ツイン・ピークスEBI資源価格の高騰石油先物取引吉田ジョージピークオイル北海ブレント国際石油市場マーカー原油バダ ハリ原油高騰丹澤誠二

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WTIの関連情報