コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線小角散乱 エックスせんしょうかくさんらんX-ray small angle scattering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X線小角散乱
エックスせんしょうかくさんらん
X-ray small angle scattering

物質に単色X線を入射させて,入射X線に対する散乱角が約1°以下のきわめて小さい散乱X線の強度分布から,物質の状態を研究する手法。物質の中にX線の波長 (約 0.1nm) に比べて比較的大きい1~100nm程度の大きさの微結晶や電子密度の異なる散乱体が存在すると,X線の小角散乱が起る。コロイド粒子,溶液中の高分子,結晶性高分子の組織,合金における初期析出状態の決定やその成長過程などの研究に有効である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

X線小角散乱の関連キーワードギニエプロットミセル物質

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android