コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小角散乱 しょうかくさんらんsmall angle scattering

1件 の用語解説(小角散乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかくさんらん【小角散乱 small angle scattering】

X線が10~3000Åくらいの大きさの微粒子を通過するとき,入射X線ときわめて小さい角度(通常1度以下)範囲に散漫な回折像や,ときには明らかな回折環を生じる。この現象をX線小角散乱または単に小角散乱という。また普通の結晶でも,長い周期をもつ物質のブラッグ反射はこの角度範囲にあらわれる。小角散乱による回折像を調べることによって,結晶のもつ非常に長い周期性の測定ができたり,微粒子の大きさ,形状,集合状態についての知識が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小角散乱の関連キーワード平岩親吉刈谷藩深海動物関宿藩エコポイント平岩親吉刈谷藩洲本藩有馬氏淡路国

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone