コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小角散乱 しょうかくさんらんsmall angle scattering

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかくさんらん【小角散乱 small angle scattering】

X線が10~3000Åくらいの大きさの微粒子を通過するとき,入射X線ときわめて小さい角度(通常1度以下)範囲に散漫な回折像や,ときには明らかな回折環を生じる。この現象をX線小角散乱または単に小角散乱という。また普通の結晶でも,長い周期をもつ物質のブラッグ反射はこの角度範囲にあらわれる。小角散乱による回折像を調べることによって,結晶のもつ非常に長い周期性の測定ができたり,微粒子の大きさ,形状,集合状態についての知識が得られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

小角散乱の関連キーワードギニエプロットミセル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android