コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小角散乱 しょうかくさんらん small angle scattering

1件 の用語解説(小角散乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかくさんらん【小角散乱 small angle scattering】

X線が10~3000Åくらいの大きさの微粒子を通過するとき,入射X線ときわめて小さい角度(通常1度以下)範囲に散漫な回折像や,ときには明らかな回折環を生じる。この現象をX線小角散乱または単に小角散乱という。また普通の結晶でも,長い周期をもつ物質のブラッグ反射はこの角度範囲にあらわれる。小角散乱による回折像を調べることによって,結晶のもつ非常に長い周期性の測定ができたり,微粒子の大きさ,形状,集合状態についての知識が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小角散乱の関連キーワードソーン剣歯虎合判此の位小鰭縮率フォリオ文庫判中瓶中粒斑状

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小角散乱の関連情報