コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Y

大辞林 第三版の解説

Y

〖hypercharge〗 → ハイパーチャージ
〖yellow〗 色相で、黄を表す記号。
〖yttrium〗 イットリウムの元素記号。

y

数学で、未知数を示す記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

Y(イグレック)

《Y》フランスのファッションブランド、イヴ・サンローランのフレグランス。1964年発表。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Y
わい

英語アルファベットの第25字。起源は、ギリシア語において母音字イオタ(I)となり、英語アルファベットのIになったセム文字のyodhまでさかのぼる。Yの字体は、セム文字のwawから発達したギリシア文字のイプシロンに由来している。ラテン語においては、紀元前1世紀のギリシア征服以後、ギリシア語からの借用語を取り入れる際、Y音を表記するのに用いられ、Zとともにアルファベットの最後に加えられた。化学ではイットリウムの元素記号を表し、数学ではxに次ぐ第二の未知数であり、座標平面では縦軸を表す。中世ローマ数字では150を示す。日本の通貨単位「円」の略号として¥が用いられる。英語では、接尾辞として種々の用法があり、動詞から行為を示す名詞(inquiryなど)をつくったり、名詞から形容詞(healthy, dreamyなど)をつくったり、名詞につけて愛称を示す(dolly, Johnnyなど)際に用いられる。[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Yの関連キーワードオイラー‐ラグランジュの微分方程式ウィッシュボーンチェアジェネレーションY線形常微分方程式シンプソンの公式オイラーの方程式ハイパーチャージポテンシャル論グリーン関数常微分方程式限界資本係数ヤコビアン逆三角関数代数関数論差分方程式代数関数偏微分法数値積分偏導関数座標変換

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Yの関連情報