コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

e-tax いーたっくす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

e-tax

2004年に施行された行政手続オンライン化法に基づき整備された、国税電子申告・納税システムのこと。2004年6月1日から利用が開始された。e-taxを利用すると、パソコンからインターネット経由で青色申告、所得税、法人税の申告などを行える。なお、e-taxを利用するには、税務署が配布しているe-taxソフトが必要。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

e-Tax

e-Tax(国税電子申告・納税システム)とは、インターネットを通じて確定申告や納税、申請や届け出などができるシステムのこと。従来は税務署に出向いて行っていた手続きが、自宅や勤務先のインターネットを使って行うことができる。利用に際しては、事前に開始届出書を提出し、登録する必要がある。
e-Taxで行うことのできる主な手続きは、以下の通りである。
(1)所得税、法人税、消費税、酒税、印紙税の申告。また、国税庁のホームページで作成した「確定申告データ」を送信することも可能。
(2)インターネットバンキングやATMからの納税。
(3)青色申告をする際の事前の承認申請や納税地の異動届、納税証明書の交付など、税務に関する申請や届け出。
e-taxを利用するには事前の登録手続きが必要になる。個人の場合は、住民票のある市区町村で、本人確認のため住民基本台帳カード(ICカード)を入手し、電子証明書を発行してもらう(住民基本台帳を導入していない地域では電子証明書の発行ができないため、e-taxも利用できない)。法人の場合は、該当する機関で発行される電子証明書が必要になる。なお、電子証明書はICカードに格納されていることが多く、パソコンでの利用に際しては別途ICカードリーダーライターが必要になる。
次に、税務署に「電子申告・納税等開始届出書」を提出すると、利用者識別番号が送られてくる。届出書は郵送や持参でなく、インターネットにより提出することもできる。(インターネット提出の場合はメールで、郵送や持参の場合は郵送で識別番号書類が送付される)。これで、e-Taxの利用が始められる。
e-Taxのメリットとしては、確定申告時期は24時間の利用が可能であり、確定申告時に従来必要だった源泉徴収票、医療費の領収書、社会保険料控除の証明書、生命保険料控除の証明書などの添付も不要となる。ただし、これらの書類は確定申告から3年間は税務署から提出を求められることがあるため、保存しておくとよい。また、事務処理が簡素化されるために、還付申告はスピーディーに対応してもらえるというメリットもある。
このように、e-Taxは事前の届け出や準備が必要だが、申告や納税、変更の手続きなどがインターネットでできるという利便性があり、メリットも多い。

(金廻寿美子 ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

知恵蔵miniの解説

e-Tax

インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続きができる国営システムの呼称。正式名称は「国税電子申告・納税システム」。2004年6月より全国で開設された。電子証明書の取得・登録、電子証明書に適合したICカードリーダーライターの取得(購入)、ソフトウェアインストール・設定などを終えた後、利用できる。「税務署に行かず確定申告できる」「医療費の領収書や源泉徴収票などの書類の提出や提示を省略することができる」「税務署に届け出るより約3週間早く2~3週間で還付金が入金される」「確定申告期間中は24時間提出(送信)できる」などの利点がある。反面、電子証明書の有効期限(3年)がある、初期投資・設定が必要、現実的に申告・パソコン両面に詳しい必要があるといったデメリットもある。2011年度の利用率は、重点15手続き全体で52.7%。前年比利用率は毎年微増している。

(2014-2-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

e-taxの関連キーワード納税者番号制度イー・タックス電子納税申告電子納税