コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

eSATA(読み)イーエスエーティーエー

パソコンで困ったときに開く本の解説

eSATA

ハードディスクドライブや光学ドライブを内部接続するのに使用されるシリアル(S)ATAを、外付けのドライブの接続に使えるようにしたインターフェースです。「e」は「External(外側の)」の略です。eSATAでは、USB2・0より高速にハードディスクの読み書きを行いますが、USB3・0とは同等です。多くのパソコンは対応しておらず、拡張カードを入れないと使えません。そうしたこともあって、対応ハードディスクは発売されているものの、あまり広くは使われていません。
⇨インターフェース、シリアルATA

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

イーエスエーティーエー【eSATA】

パソコンに外付けハードディスクなどを接続するための、シリアルATAインターフェースの一種。ケーブルの接続ミスを防ぐため、シリアルATAインターフェースケーブルとは端子形状が異なる。ホットプラグに対応。◇「イーサタ」ともいう。⇒シリアルATA

イーサタ【eSATA】

イーエスエーティーエー

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android