コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

eSATA イーエスエーティーエー

3件 の用語解説(eSATAの意味・用語解説を検索)

パソコンで困ったときに開く本の解説

eSATA

ハードディスクドライブ光学ドライブを内部接続するのに使用されるシリアル(S)ATAを、外付けのドライブの接続に使えるようにしたインターフェースです。「e」は「External(外側の)」の略です。eSATAでは、USB2・0より高速にハードディスク読み書きを行いますが、USB3・0とは同等です。多くのパソコンは対応しておらず、拡張カードを入れないと使えません。そうしたこともあって、対応ハードディスクは発売されているものの、あまり広くは使われていません。
⇨インターフェース、シリアルATA

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

イーエスエーティーエー【eSATA】

パソコンに外付けハードディスクなどを接続するための、シリアルATAインターフェースの一種。ケーブルの接続ミスを防ぐため、シリアルATAインターフェースケーブルとは端子形状が異なる。ホットプラグに対応。◇「イーサタ」ともいう。⇒シリアルATA

イーサタ【eSATA】

イーエスエーティーエー

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

eSATAの関連キーワードディスクドライブドライブ名ドライブレターフロッピーディスクドライブベイ光学ディスクドライブハードディスクドライブ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

eSATAの関連情報