gTLD

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

gTLD

トップレベルドメインドメイン名右端文字列)のうち、国を表すものではなく、民間で取得できるもののこと。従来は.com(商用)、.net(ネットワーク).org(非営利団体)の3種だったが、2000年11月にICANNによって.info(情報提供).name(名前).biz(ビジネス).pro(専門職).museum(博物館).aero(航空).coop協同組合)の7つが追加された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジー‐ティー‐エル‐ディー【gTLD】[generic top level domain]

generic top level domain》インターネット上のドメインのうち、登録者の国や地域に関係なく取得する権利があるトップレベルドメインのこと。「.com」「.net」「.org」などがある。商用ドメインの「.biz」には取得制限がある。ジェネリックトップレベルドメイン一般ドメイン一般トップレベルドメイン汎用ドメイン汎用トップレベルドメイン
[補説]従来は22種類に限られていたが、2011年6月、ドメイン名を管理する民間非営利組織ICANN(アイキャン)により、「.okinawa」「.london」「.unicef」といった地域・ブランド・企業・団体などの一般名称が広く利用できるよう承認された。2014年より運用開始。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

gTLD
じーてぃーえるでぃー

トップレベルドメイン(Top Level Domain:TLD)の一種で、登録者の国や地域に関係なく取得できるもの。ジェネリックトップレベルドメインgeneric Top Level Domainの頭文字を略称にしたもので、一般トップレベルドメイン、分野別トップレベルドメインなどともいう。
 初期のgTLDは、登録に制限のない「.com」「.net」「.org」と、登録に一定の要件が必要な「.edu」「.gov」「.mil」「.int」の七つであった。その後、「.biz」「.info」「.name」などが順次追加され、2013年1月時点で22のgTLDが、運用あるいは運用準備を行っている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android