pアミノ安息香酸

栄養・生化学辞典の解説

pアミノ安息香酸

 C7H7NO2 (mw137.14).

 葉酸の構成成分で,葉酸を合成する細菌には必須栄養素となる.スルホンアミド系抗菌剤はその合成経路の拮抗阻害剤である.ビタミン様活性を示す.関節炎の治療などにも用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android