コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(御)神饌料 しんせんりょう

献辞辞典の解説

(御)神饌料

神饌に代えてという意味合いがあります。神道において、通夜祭・葬場祭(葬儀告別式)又は霊祭(法要)の際に、葬祭の祭祀祈祷のお祓いを頂いた 神社神官に対して贈る謝礼、及び祝い儀式や厄払いなどで神社に詣でた際や、地鎮祭棟上 げの儀式などで、祭祀祈祷のお祓いを頂いた神社や神官に対して贈る謝礼の表書き献辞(上 書き)に用いられます。「神饌」とは、神前に御供えする神様の食べ物のことを言います。

出典|(株)ササガワ献辞辞典について | 情報

(御)神饌料の関連キーワード香典

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android