霊祭(り)/魂祭(り)(読み)タママツリ

デジタル大辞泉の解説

たま‐まつり【霊祭(り)/魂祭(り)】

陰暦7月の盆を中心にして、祖霊を迎えて祭りをすること。精霊(しょうりょう)祭り。盂蘭盆会(うらぼんえ)。 秋》「夜かよふ蝶あはれなり―/闌更

れい‐さい【霊祭】

死者の魂を祭るまつり。たままつり。
神道で、霊前祭と墓前祭との総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいさい【霊祭】

神道で、霊前祭と墓前祭との総称。
先祖の霊をまつる行事。たままつり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android