コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊祭(り)/魂祭(り) タママツリ

デジタル大辞泉の解説

たま‐まつり【霊祭(り)/魂祭(り)】

陰暦7月の盆を中心にして、祖霊を迎えて祭りをすること。精霊(しょうりょう)祭り。盂蘭盆会(うらぼんえ)。 秋》「夜かよふ蝶あはれなり―/闌更

れい‐さい【霊祭】

死者の魂を祭るまつり。たままつり。
神道で、霊前祭と墓前祭との総称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいさい【霊祭】

神道で、霊前祭と墓前祭との総称。
先祖の霊をまつる行事。たままつり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

霊祭(り)/魂祭(り)の関連キーワード空襲による見付国民学校児童らの死亡ショヒドミナール楽人(がくにん)盆(先祖祭り)(御)玉串料(御)祭祀料(御)神饌料(御)初穂料文室宮田麻呂(御)祈祷料秋季皇霊祭カリラヤ湖忠魂碑訴訟春季皇霊祭清祓いの儀(御)榊料御霊の飯秋分の日皇室祭祀春分の日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android