コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(農業のもつ)自然循環機能

1件 の用語解説((農業のもつ)自然循環機能の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

(農業のもつ)自然循環機能

稲わらや家畜排せつ物等をたい肥として農地に還元することによって、[1]土壌の物理性が改善され生産力が増進する、[2]養分として再び作物に吸収される、[3]土壌中の微生物が多様化する。このように、農業生産活動は自然界における生物を介在する物質の循環に依存するとともに、こうした循環を促進する機能を有しており、これを総称して農業のもつ自然循環機能という。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(農業のもつ)自然循環機能の関連キーワード敷き藁やわらやわら藁紙藁稭農業環境規範農業の自然循環機能廃棄物系バイオマス優良農地バイオマスタウン構想寝藁 (bedding)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone