コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イデオロギーとユートピア》 いでおろぎーとゆーとぴあ

世界大百科事典内の《イデオロギーとユートピア》の言及

【マンハイム】より

…しかしナチスの台頭でロンドン大学に移り,その地で客死した。ハイデルベルクの知的雰囲気の中で,はじめ認識論的関心から出発したが,やがて新カント派にあきたらず〈歴史主義〉的立場に立って独自の途をひらき,《イデオロギーとユートピア》(1929)によって脚光を浴びる。〈存在被拘束性〉という観点からするイデオロギー批判の方法は,各方面に多くの影響を与え,知識社会学の礎石となる。…

※「《イデオロギーとユートピア》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《イデオロギーとユートピア》の関連キーワードマンハイム(Karl Mannheim)イデオロギーとユートピアカール マンハイムインテリゲンチャユートピア思想イデオロギーマンハイム虚偽の意識知識社会学浮動層

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android