コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『浮雲』 ウキグモ

とっさの日本語便利帳の解説

『浮雲』

二葉亭四迷
千早振る神無月ももはやあと二日の余波となッた二十八日の午後三時ごろに、神田見附の内より、と渡る蟻、散る蜘蛛の子とうようよぞよぞよ沸出でて来るのは、いずれも顋を気にしたもう方々。\(一八八七~八九)

『浮雲』

林芙美子
なるべく、夜更けに着く汽車を選びたいと、三日間の収容所を出ると、わざと、敦賀の町で、一日ぶらぶらしていた。\(一九四九~五一)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『浮雲』の関連キーワード愚痴無知・愚癡無知締め笑い・締笑い当て事も無い二葉亭四迷手当り放題変ぽうらい冒疾・娼嫉おいそれ者時刻を移す嬉笑・嘻笑成る可くは睨み合すもだくだ変換える隣ずから千態万状座に直る林芙美子はぐらす口籠もる

『浮雲』の関連情報