コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神無月 カミナヅキ

デジタル大辞泉の解説

かみな‐づき【神無月】

かんなづき」に同じ。

かむな‐づき【神無月】

かんなづき

かんな‐づき【神無月】

《「かむなづき」とも表記》陰暦10月の異称。かみなしづき。かみさりづき。 冬》「―ふくら雀ぞ先づ寒き/其角」→神在月(かみありづき)
[補説]語源については、全国から神々が出雲大社に集まるため、諸国にがいなくなるの意からという俗説が古くからいわれている。別に、新米で酒をかもす「醸成月(かみなしづき)」、あるいは雷の鳴らない「雷無月(かみなしづき)」の意ともいわれるが、「な」は「の」の意で、神を祭る月すなわち「神の月」の意とする説が有力。→神在月(かみありづき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

神無月

一〇月。諸神出雲に集合し、他の地方では神が不在になるため。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんなづき【神無月】

旧暦10月のこと。この月に全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まり,村には神が不在となるために神無月といい,逆に出雲では神在月(かみありづき)という。しかし,出雲でも出雲大社佐太神社などでは,神在祭(じんざいさい)の最後の日にはカラサデという一種の神送りが行われている。神々が出雲へたつことを神立ち,お上り,神渡し,御出舟などといい,9月晦日または10月朔日にたつというのが普通であるが,これより早い所もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かみなづき【神無月】

〔「かむなづき」 「かんなづき」とも〕
陰暦10月の異名。 〔「な」は「の」の意の格助詞で、神の月、の意という。後世、「無」の意に解釈して、八百万やおよろずの神々が出雲大社に集まり、他の地には不在になる月とする俗説がある〕 → 神有月かみありづき

かんなづき【神無月】

〔「かみなづき」の転〕
陰暦10月の異名。神去り月。 [季] 冬。 → 神無月かみなづき神有月かみありづき

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神無月
かんなづき

陰暦10月の異称。「かみなづき」の音便で、「かむなづき」「かみなしづき」とも読む。季節は孟冬(もうとう)で、時雨(しぐれ)月、神去り月などともいう。名称の由来については、雷の声が収り果つるゆえに「雷無(かみなし)月」といい、6月を「雷鳴(みな)月」というのに対するとか、10の数より上の数はないので「上無(かみなし)月」というとか、伊弉冉尊(いざなみのみこと)が崩じた月というので「神無(かみなし)月」というとか、新しくとれた米穀で酒を醸造する月というので「醸成(かみなし)月」というなどの諸説がある。なかでもっとも有名なのは、10月には日本国中の神々が出雲(いずも)大社に集まり、出雲以外の国々には神が不在となるため、「神無月」(逆に出雲では「神在(かみあり)月」という)という説である。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神無月の言及

【留守神】より

…神無月(かんなづき)(旧暦10月)には,日本中の神々が出雲の出雲大社に集まるという伝えが平安時代からあるが,そのとき留守居をするという神がある。一般には,オカマサマあるいは荒神(こうじん),恵比須,大黒,亥子(いのこ)の神を留守神としているところが多く,これらの神は,家屋に定着した家の神である点で共通する。…

※「神無月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神無月の関連キーワード神話舞隊カミアリージャー神送り・神迎え神送り・神迎え神有月・神在月泉谷アキヒロ太陰太陽暦奈良の古言清水友貴神去り月藤原顕綱伊弉冉尊えびす講『浮雲』下屋則子薄田泣菫心時雨る織り懸く破れ障子織り掛く時雨心地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神無月の関連情報