コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【さる】田彦大神 さるたひこのおおかみ

百科事典マイペディアの解説

【さる】田彦大神【さるたひこのおおかみ】

日本神話中の国津神(くにつかみ)の一人。体が大きく,鼻が長く,眼輝き口尻の赤い神。瓊瓊杵(ににぎ)尊の降臨に際し,天の八衢(やちまた)まで迎え,高千穂峰へ案内した。
→関連項目天鈿女命

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

【さる】田彦大神の関連キーワード都波岐神社伊勢神宮瓊瓊杵尊田村神社日本書紀椿大神社

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android