あくちも切れぬ(読み)あくちもきれぬ

精選版 日本国語大辞典「あくちも切れぬ」の解説

あくち も 切(き)れぬ

まだ、一人前でない少年、若輩、青二才を形容していう。
※浄瑠璃・嫗山姥(1712頃)一「主従共にあくちもきれぬ小せがれ共、もとのごとくに札立なをせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android