あくちも切れぬ(読み)あくちもきれぬ

精選版 日本国語大辞典「あくちも切れぬ」の解説

あくち も 切(き)れぬ

まだ、一人前でない少年、若輩、青二才を形容していう。
瑠璃・嫗山姥(1712頃)一「主従共にあくちもきれぬ小せがれ共、もとのごとくに札立なをせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あくちも切れぬ」の解説

あくちも切(き)れぬ

世間知らずの、年少のをあざけっていう語。
「―ぶんざいで、矢を望まんとは不敵不敵」〈浄・矢口渡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android