コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若輩/弱輩 ジャクハイ

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐はい【若輩/弱輩】

[名・形動]
年が若い者。
未熟で経験の浅いこと。また、そのさま。自分を卑下していう語。他人に用いれば軽蔑の意になる。
「―な自分は嫂(あによめ)の涙を眼の前に見て」〈漱石行人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

若輩/弱輩の関連キーワード寂・弱・惹・若・雀・鵲大江美智子親鸞(僧)安藤直次若輩者若年者万能若党小侍同列重し冠者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android