コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青二才 アオニサイ

デジタル大辞泉の解説

あお‐にさい〔あを‐〕【青二才】

《「にさい」は「にいせ(新背)」の音変化という》経験の浅い年若い男。あざけりや謙遜の気持ちを込めていう。「この青二才が何を言うか」「まだ青二才ですが」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおにさい【青二才】

〔「青」は未熟の意。「二才」はボラなどの幼魚をたとえたものか〕
若くて、経験の足りない男をののしっていう語。 「 -が何をぬかす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青二才の関連キーワード二歳・二才豎子・孺子世間知らず白面の書生正木佐和小僧っ子島田雅彦緑(色)黄口児乳離れ乳臭い乳臭児毛才六東西贅六白面ボラ豎子二歳幼魚

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青二才の関連情報