あちら立てればこちらが立たぬ(読み)あちらたてればこちらがたたぬ

ことわざを知る辞典の解説

一方を選ぶともう一方の立場がなくなり、両立しがたいこと。二つに一つの選択を迫られ、悩ましいときにいう。

[使用例] 「どっちにすればいいんでありますか」「そういう時には臨機の処置をとって、両方の顔を立てるがいい」「でもあちら立てればこちらが立たず、両方立てれば身が立たず、であります」[田河水泡*のらくろ自叙伝|1976]

[解説] 二つのうちどちらをえらんでも、もう一方に対して義理を欠くような難しい状況で、次の行動になかなか進みがたいときなどに心の中で自問したり、他人に悩みを打ち明けたりすることば。

〔英語〕You can't please everyone.(誰もが気に入るようにはできない)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android