コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

此岸 しがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

此岸
しがん

涅槃 (ねはん) の境界である彼岸 (ひがん) に対応する言葉。煩悩をまんなかに横たわる川の流れにたとえるなら,涅槃の境地が彼岸 (向う岸) であり,それに対し,四苦八苦を経験するこの生死の世界が岸である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐がん【×此岸】

仏語。迷いの世界。悩みの多い現実世界。この世。⇔彼岸(ひがん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しがん【此岸】

〘仏〙 生死から解脱しない、現実のこの世。 ⇔ 彼岸ひがん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

此岸の関連キーワード彼岸(仏教、民俗)山越阿弥陀図審判(宗教)グルスキー日野 啓三五味 保義パラダイス浄土教美術ニヒリズム下村 槐太日野啓三二元論金光教あの世終末論到彼岸波羅蜜彼岸会ブスケ往生伝

此岸の関連情報