あべし

精選版 日本国語大辞典「あべし」の解説

あ‐・べし

連語〙 (動詞「あり」に推量の助動詞の付いた「あるべし」の音便形「あんべし」の「ん」の無表記) あるだろう。あるはずだ。あるべきだ。
※平中(965頃)二七「いかがはあべき」
※枕(10C終)一〇三「これがままに仕うまつらば、ことやうにこそあべけれ」
源氏(1001‐14頃)帚木「をかしくもあはれにもあべかりける事の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あべし」の解説

あ◦べし

[連語]連語「あんべし」の撥音の無表記。
少納言乳母めのとといふ人―◦べし」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android