あべし

精選版 日本国語大辞典「あべし」の解説

あ‐・べし

連語〙 (動詞「あり」に推量の助動詞の付いた「あるべし」の音便形「あんべし」の「ん」の無表記) あるだろう。あるはずだ。あるべきだ。
※平中(965頃)二七「いかがはあべき」
※枕(10C終)一〇三「これがままに仕うまつらば、ことやうにこそあべけれ」
※源氏(1001‐14頃)帚木「をかしくもあはれにもあべかりける事の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android