あみだくじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あみだくじ
あみだくじ / 阿弥陀籤

数人で差額のある金銭を出し合って、菓子などを買うときに行うくじ引きの方法の一つ。数本の線を放射線状に書いて、その中心部に各人の負担金額、あるいはお使い役を書いておき、その上に硬貨をのせて隠すか、円形に切り抜いて、各人に線を引かせる。その形状が阿弥陀(あみだぶつ)の後光に似ているところからこの名称が生まれたといわれ、江戸末期のころから流行し始めた。現在では、昔の形状にこだわらずに行われており、単に「あみだ」ともいう。[倉茂貞助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あみだくじの関連情報