コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あやかし

大辞林 第三版の解説

あやかし

船が難破する時、海上に現れるという怪物。 「いかに武蔵殿。この御船には-が憑いて候/謡曲・船弁慶」
不思議なこと。怪しいこと。また、妖怪。 「太鼓持に貧乏神の-が付いたと観念すべし/浮世草子・禁短気」
ばか者。愚か者。 〔日葡〕
コバンザメの異名。 〔和訓栞〕
能面の一。亡霊や怨霊おんりようなどに用いる男面。

あやかし

( 形シク )
弱々しい。ひよわである。 「 - ・しさうな体ていはなうて、けなげさうに有つたぞ/毛詩抄 18
はっきりしない。不明瞭である。〔ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あやかしの関連情報