コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あやかし あやかし

大辞林 第三版の解説

あやかし

船が難破する時、海上に現れるという怪物。 「いかに武蔵殿。この御船には-が憑いて候/謡曲・船弁慶」
不思議なこと。怪しいこと。また、妖怪。 「太鼓持に貧乏神の-が付いたと観念すべし/浮世草子・禁短気」
ばか者。愚か者。 〔日葡〕
コバンザメの異名。 〔和訓栞〕
能面の一。亡霊や怨霊おんりようなどに用いる男面。

あやかし

( 形シク )
弱々しい。ひよわである。 「 - ・しさうな体ていはなうて、けなげさうに有つたぞ/毛詩抄 18
はっきりしない。不明瞭である。〔ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あやかしの関連キーワード冷蔵庫より愛をこめて日本神話の神々なめくじ長屋田中美登里名村幸太朗夢野 久作コバンザメ岡尾真理あやかり浮世草子瓜生 喬夢野久作竹岡良子天神七代愚か者結界師三日月太鼓持ヘボン惶根尊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あやかしの関連情報