コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和訓栞 わくんのしおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和訓栞
わくんのしおり

『倭訓栞』とも書く。江戸時代中期の国学者谷川士清 (ことすが) が著わした国語辞典。 93巻。前編中編後編として安永6 (1777) 年から 1877年にかけて刊行。古語 (上代語) ,雅語 (中古語) ,俗語 (口語,方言) を集め,第2音節までの五十音順に配列して,出典を示し,語釈を加え,用例をあげている。日本で最初の近代的な国語辞書として注目され,明治以後の辞書に与えた影響も大きい。なお現在は,98年に井上頼圀小杉榲邨の増補再編成した『増補語林和訓栞』 (3冊) が流布しているが,これには後編が含まれていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わくんのしおり〔ワクンのしをり〕【和訓栞】

江戸後期の国語辞書。93巻。谷川士清(ことすが)編。安永6~明治20年(1777~1887)刊。3編からなり、前編には古語・雅語、中編には雅語、後編には方言・俗語を収録。第2音節までを五十音順に配列し、語釈を施して出典・用例を示す。明治31年に井上頼圀らが増補改正した「増補語林倭訓栞」は前編・中編を増補したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わくんのしおり【和訓栞】

江戸中期の国学者谷川士清(たにかわことすが)編の国語辞書。前・中・後(後編は方言俗語が多い)の3編より成る。現在普及する活字本は,1898年井上頼圀・小杉榲邨(すぎむら)刊の前・中両編に別の辞書3種を付録した《増補語林和訓栞》,および1899年刊野村秋足校訂の前・中・後3編(のちに合冊)。本来は整板本として1777年(安永6)以降数次にわたり刊行され,最終は1887年に至る。古語,雅語のほか俗語,方言,外来語にも及んで所収語の範囲は広く,全体として均衡のとれた穏健な説明がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わくんのしおり【和訓栞】

辞書。九三巻。谷川士清ことすが編。編者没後の1777~1887年(明治20)刊。前・中・後の三編より成り、前編は古言・雅語を、中編は雅語を中心にして補い、後編は俗語・方言をも含める。第二音節まで五十音順に並べ注釈を施し、出典・用例を示す。収録語数約二万。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和訓栞
わくんのしおり

国語辞書。93巻。谷川士清(たにがわことすが)(1709―76)編。前・中・後編の編ごとに、仮名一字の語、二字の語、三字の語などそれぞれ別に、また第二音節までを五十音順に配列してある。前編には古言・雅語、中編に雅語、後編に方言・俗語を収録するのは、編纂(へんさん)の過程を示すものであろう。語彙(ごい)は豊富で、確かな根拠に基づいた語釈も穏当である。巻首の「大綱」では音韻、漢字、仮名、方言など、国語を概説している。本書の刊行には、士清の没した翌年から1887年(明治20)までの100余年を要した。[沖森卓也]
『尾崎知光編『和訓栞大綱』(1985・勉誠社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和訓栞の関連キーワード谷川士清旧宅指焼草・挿艾北(方角)谷川士清墓タイ(魚)針(道具)保田光則あやかし鹿島立ち弟見悪阻俚言集覧いさば船ナズナ浜焼き焼火山矩計り支へ言ねね土鈴宝船

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android