コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小判鮫 コバンザメ

デジタル大辞泉の解説

こばん‐ざめ【小判×鮫】

コバンザメ科の海水魚。全長約80センチ。体は細長く、頭胴部は縦扁し、頭の上面に第1背びれの変形した小判形の吸盤をもち、大形魚や船舶に吸着する。体色は青褐色で、体側に幅広い暗色の帯が1本走る。
スズキ目コバンザメ科の海水魚の総称。灰色をしたシロコバン、背が暗色のクロコバンなども含まれ、温・熱帯海に分布。こばんいただき。
1が大形魚の食べ残しなどを餌にすることから)力の強い者の近くにいて、そのおこぼれにあずかる者のたとえ。「小判鮫商法」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こばんざめ【小判鮫】

スズキ目コバンザメ科の海魚の総称。いずれも体は細長く、日本近海に七種がいる。頭部背面に背びれが変形した小判形の吸盤を備える。コバンイタダキ。
の一種。全長80センチメートル 内外。体色は青褐色で、体側の全長にわたり一本の幅広い暗色縦帯が走る。エイ・サメ・クジラ類その他大形の水生動物に吸着し、その食べ残しや排出物などを餌とする。温・熱帯の海に広く分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小判鮫 (コバンザメ)

動物。コバンザメ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

小判鮫の関連キーワード長谷川 裕見子コバンイタダキ大村 能章衣笠貞之助小畑 実水生動物小判形動物

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小判鮫の関連情報