いくいく(ゐくゐく)

普及版 字通 「いくいく(ゐくゐく)」の読み・字形・画数・意味

】いくいく(ゐくゐく)

光り輝く。宋・軾〔二十七日~南山中盤竜寺に宿る〕詩 谷中くこと、(ろうろう)たり 嶺上の疎星、きこたり

字通」の項目を見る


】いくいく(ゐくゐく)

盛んに茂る。〔詩、小雅、信南山〕疆(きやうえき)たり 黍稷たり 曾孫の牆 以て酒と爲す

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android