コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いごっそう イゴッソウ

3件 の用語解説(いごっそうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いごっそう

(高知地方で)頑固者。いっこく者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

いごっそう

高知の米焼酎。酒名は、「頑固で気骨ある男」といった意味の土佐弁から命名。原料は米、米麹。アルコール度数25%、43%。蔵元の「司牡丹酒造」は慶長8年(1603)創業。清酒「司牡丹」の醸造元。所在地は高岡郡佐川町甲。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いごっそう

〔高知方言〕
気骨きこつがあること。がんこ者。土佐(高知県)の人の代表的な気性を表す語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いごっそうの関連キーワードこしひかり雪原とさ秋の露味わい米焼酎 米小路ばつぐん耶馬美人ちゃんぺ本格米焼酎よかっぺ八千代座

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いごっそうの関連情報