コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いさば船 いさばぶね

世界大百科事典 第2版の解説

いさばぶね【いさば船】

主として紀伊半島や四国・九州の海岸で見られた,生魚や干物の運搬船。単に〈いさば〉ともいった。《和訓栞》に〈いさば,今,魚肆ヲ云ヘリ〉とあり,いまでも東日本にはこの語を魚売り・魚屋の意味に使っているところが多いから,いさば船とは,その使途による呼称であって,形態的特徴によるものではなかった。事実その形は小さな手漕ぎ船から,百石積み以上の帆船にいたるまで多様であった。いずれも大正末年くらいで姿を消したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

いさば船の関連キーワード小越船亀崎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android