うちひさつ(読み)ウチヒサツ

デジタル大辞泉の解説

うちひ‐さつ

[枕]「宮」「三宅(みやけ)」にかかる。語義・かかり方未詳。
「―宮の瀬川の貌花(かほばな)の」〈・三五〇五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちひさつ

( 枕詞 )
うちひさす」に同じ。「宮」または同音を含む地名「三宅原みやけのはら」などにかかる。 「 -三宅の原ゆひた土に足踏み貫き/万葉集 3295

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うちひ‐さつ

うちひさす「みや(宮)」と同音の「みや」を語頭に持つ地名、「三宅の原」、「みやの瀬川」などにかかる。
※万葉(8C後)一三・三二九五「打久津(うちひさつ)三宅の原ゆ ひた土に 足ふみぬき」
※万葉(8C後)一四・三五〇五「宇知比佐都(ウチヒサツ)みやの瀬川のかほ花の恋ひてか寝らむ昨夜(きそ)も今夜(こよひ)も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android