コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川 セガワ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川 せがわ

?-? 江戸時代中期の遊女。
もとは医師の娘で武士の小野田久之進にとつぐ。夫が盗賊に殺されたあと,困窮して江戸吉原松葉屋の遊女となる。享保(きょうほう)年間(1716-36)吉原で夫の敵にあい,あだ討ちをはたす。のち尼となり浅草幡随院(ばんずいいん)にはいり自貞と号した。大和(奈良県)出身。姓は大森。名はたか。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せがわ【瀬川】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

瀬川の関連キーワード鹿児島県南さつま市金峰町宮崎瀬川 菊之丞(6代目)瀬川富三郎(初代)瀬川雄次郎(2代)瀬川菊之丞(6代)ことばあそびうた瀬川路考(初代)やまんばのにしきあなたは だあれ瀬川吉次(初代)瀬川吉次(2代)瀬川如皐(初代)ふしぎなたけのこ敗残の唄は悲し渡良瀬川遊水池嵐璃光(初代)スワンソング熱血を潜めて契情買虎之巻血で血を洗ふ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬川の関連情報