瀬川(読み)せがわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「瀬川」の解説

瀬川 せがわ

?-? 江戸時代中期の遊女
もとは医師の娘で武士の小野田久之進にとつぐ。夫が盗賊に殺されたあと,困窮して江戸吉原松葉屋の遊女となる。享保(きょうほう)年間(1716-36)吉原で夫の敵にあい,あだ討ちをはたす。のち尼となり浅草幡随院(ばんずいいん)にはいり自貞と号した。大和(奈良県)出身。大森。名はたか。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「瀬川」の解説

せがわ〔せがは〕【瀬川】

姓氏の一。
[補説]「瀬川」姓の人物
瀬川菊之丞せがわきくのじょう
瀬川如皐せがわじょこう
瀬川康男せがわやすお

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「瀬川」の解説

せがわ せがは【瀬川】

大阪府箕面市南西端の地名郡山昆陽(こや)との間にあった西国街道(山崎道)の旧宿駅。

せがわ せがは【瀬川】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android