おえ

大辞林 第三版の解説

おえ

〔「おおえ」 「おええ」とも〕
民家における戸口わきの部屋。京都などでは台所、秋田などでは客間を指す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おえ

〘名〙 植物「ふとい(太藺)」の古名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

おえ をゑ

〘感動〙 「風土記」に見えることば。神が活動をやめて静止し、死の状態になろうとする時に発するということば。おわ。
※出雲風土記(733)意宇「国引きましし八束水臣津野命、〈略〉『今は、国は引き訖(を)へつ』と詔(の)りたまひて、御杖衝き立てて、『意恵(オヱ)』と詔りたまひき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android