コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおぞう オオゾウ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ぞう〔おほ‐〕

[名・形動ナリ]特に取り立てていうほどではないこと。また、そのさま。とおりいっぺん。いいかげん。
「―なるは事も怠りぬべし」〈玉鬘
[補説]「ぞう」の歴史的仮名遣いは不明。「おほざま(大様)」または「おほざふ(大雑)」の音変化として、「おほざう」「おほざふ」とする説もあるが、「おほぞら(大空)」と関係づけて「おほぞう」を妥当とする見方もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおぞう

( 形動ナリ )
特別でないさま。通りいっぺん。いい加減。 「こちといへば-なりし風にいかがつけてはとはむあたら名立てに/蜻蛉 」 〔「大様おほざま」の転とみて歴史的仮名遣いを「おほざう」とする説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おおぞうの関連キーワード鞍馬の火祭かまぼこ日本料理本膳料理ちくわ書札礼

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おおぞうの関連情報