コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おそめ久松袂の白絞 おそめひさまつたもとのしらしぼり

1件 の用語解説(おそめ久松袂の白絞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おそめ久松袂の白絞
おそめひさまつたもとのしらしぼり

浄瑠璃。世話物。3巻。紀海音作。宝永7 (1710) 年頃大坂豊竹座初演。同年正月,油屋の娘お染とでっち久松が心中した事件を題材とする。事件直後に成立した歌祭文歌舞伎『心中鬼門角 (きもんのかど) 』をふまえた浄瑠璃最初の作品。その後,浄瑠璃『染模様妹背門松』『新版歌祭文』などの改作が生れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone