おたま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おたま

?-? 江戸時代中期,大福(だいふく)餅の考案者。
江戸小石川にすむ。元禄(げんろく)ごろからあった塩餡(あん)の腹太(はらぶと)餅を明和9年(1772)に改良,小形にして安値で行商,大福餅として評判をえた。寛政10年ごろ砂糖入りがでまわり大流行した。名はお玉ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おたまの関連情報