コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おつぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おつぎ

長塚節(たかし)の小説「」の登場人物。
茨城県,鬼怒川べりの寒村にすむ貧しい小作人の娘。母お品が堕胎に失敗して死に,父勘次,祖父卯平,弟与吉の世話をしながらはたらく。美しく成長し村の若者たちの注目の的となるが,父との近親相姦の噂がひろまる。明治43年「東京朝日新聞」連載。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

おつぎの関連キーワード土(長塚節の小説)羽柴秀勝(1)豊臣秀勝(1)市原 ツギどぶどぶ杉村春子相接する堵の如し茨城県長塚節奥勤め次の間迸り時儀

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おつぎの関連情報