コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おねじ external thread

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おねじ
external thread

ねじ山が円筒あるいは円錐外面にあるねじ。おねじのうち,めねじ (ナット) と組んで用いるものは,一般にボルトという。おねじの加工にはバイト,ねじフライス,ダイスチェーザなどの切削工具が使われ,多量生産では転造加工法 (→ねじ転造盤 ) がとられる。めねじの加工には,バイト,ねじフライスのほかタップなどが用いられるが,おねじのような転造加工法はとれない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のおねじの言及

【ねじ】より

… 日本では1543年(天文12),種子島に漂着したポルトガル人がもっていた小銃の尾栓として用いられていたねじを見たのが最初といわれ,これより以前に日本でねじが使用されていた事実を示す証拠は見つかっていない。
[ねじの基本用語]
 前述のつる巻線状の突起をねじ山といい,円筒の外表面にねじ山をもつものをおねじmale screw,中空の円筒の内表面にねじ山をつけたものをめねじfemale screwという。またねじ山の断面形状により,三角形状の断面をもつ三角ねじ,台形状の台形ねじ,角形をした角ねじ,のこぎりの歯の形状をもつのこ歯ねじ,円弧状の断面をもつ丸ねじなどに分類される(図2)。…

※「おねじ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

おねじの関連キーワード鹿児島県肝属郡錦江町田代(鹿児島県)ターンバックルダイス(機械)ナット(部品)ねじ切りダイスマイクロメータボルト(ねじ)ウイットねじ錦江(町)ボールねじ基礎ボルトプラスねじISOねじねじゲージアクメねじ管用ねじ袋ナットジャッキ雌螺子

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android