コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おねじ おねじ external thread

1件 の用語解説(おねじの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おねじ
おねじ
external thread

ねじ山が円筒あるいは円錐外面にあるねじ。おねじのうち,めねじ (ナット) と組んで用いるものは,一般にボルトという。おねじの加工にはバイト,ねじフライスダイスチェーザなどの切削工具が使われ,多量生産では転造加工法 (→ねじ転造盤 ) がとられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のおねじの言及

【ねじ】より

… 日本では1543年(天文12),種子島に漂着したポルトガル人がもっていた小銃の尾栓として用いられていたねじを見たのが最初といわれ,これより以前に日本でねじが使用されていた事実を示す証拠は見つかっていない。
[ねじの基本用語]
 前述のつる巻線状の突起をねじ山といい,円筒の外表面にねじ山をもつものをおねじmale screw,中空の円筒の内表面にねじ山をつけたものをめねじfemale screwという。またねじ山の断面形状により,三角形状の断面をもつ三角ねじ,台形状の台形ねじ,角形をした角ねじ,のこぎりの歯の形状をもつのこ歯ねじ,円弧状の断面をもつ丸ねじなどに分類される(図2)。…

※「おねじ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

おねじの関連キーワード三角ねじ台形ねじメートルねじ雄螺子螺子山メートル螺子雌螺子螺子三角螺子ウィットねじ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おねじの関連情報