コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お天気マーケティング

1件 の用語解説(お天気マーケティングの意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

お天気マーケティング

ウェザー・マーチャンダイジングともいう。天候によって売れる商品が変化するので、それを研究し、販売を各自手に確保するために天気予報を活用すること。たとえば、気温によって動き始める商品がある。気温15度以下になると鍋物が売れ始る。22度にあがるとビールが売れる。27度にあがるとアイスクリーム、30度になるとアイスクリームは売れなくなり、かき氷が売れ始める。米や洗剤など重い商品は雨の日は売上が下がる。豆腐や刺身も売れない。逆に雨だと売れる商品がある。「除湿剤」や「芳香剤」など。このように気温や天気によってどのような商品が売れるか売れないかを分析し、販売促進役立てる

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お天気マーケティングの関連キーワードマーチャンダイジングフランチャイジンググローバル・マーチャンダイジング・システムコングロマーチャントマーチャンダイザービジュアルマーチャンダイジングマーチャントバンキングインストア・マーチャンダイジングマーチャンダイジング・アロウアンスマーチャンダイジング・サービス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone