コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かき菜

デジタル大辞泉プラスの解説

かき菜

栃木県佐野市で生産される葉物野菜。葉は淡い緑色で軸が太く、茹でると鮮やかな緑色になる。おひたし、炒め物などにして食する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

かき菜[葉茎菜類]
かきな

関東地方、栃木県の地域ブランド。
主に佐野市周辺で生産されている。春を呼ぶ野菜として古くから親しまれきた。緑色の葉には、ビタミンA・ビタミンCをはじめ鉄分・カルシウムなどが、他の野菜よりも多く含まれている。花茎はアスパラガスのような味わいで、あくが少なく甘みもある。天ぷらやおひたしに最適。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

かき菜の関連キーワード栃木県佐野市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かき菜の関連情報