コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かじき座(旗魚座) かじきざDorado

翻訳|Dorado

世界大百科事典 第2版の解説

かじきざ【かじき座(旗魚座) Dorado】

略号Dor。南天の小星座。1603年J.バイヤーの星図《ウラノメトリアUranometria》に口先のとがった怪魚の姿がかかれたのが最初である。この星座の南側には大マゼラン銀河があるが,日本では見えない。α星でも3.5等と暗い。渦巻銀河NGC1553,NGC1566がある。概略位置は赤経5h0m,赤緯-60゜。午後8時の南中は1月下旬である。【石田 五郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

かじき座(旗魚座)の関連キーワードイギリス史(年表)二階堂ふみトルストイトルンカフィラレートエリザベス徳川家康エリザベス朝幕藩体制マストリリ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android