コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かじき座(旗魚座) かじきざDorado

翻訳|Dorado

世界大百科事典 第2版の解説

かじきざ【かじき座(旗魚座) Dorado】

略号Dor。南天の小星座。1603年J.バイヤーの星図《ウラノメトリアUranometria》に口先のとがった怪魚の姿がかかれたのが最初である。この星座の南側には大マゼラン銀河があるが,日本では見えない。α星でも3.5等と暗い。渦巻銀河NGC1553,NGC1566がある。概略位置は赤経5h0m,赤緯-60゜。午後8時の南中は1月下旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

かじき座(旗魚座)の関連キーワードイギリス史(年表)二階堂ふみトルストイトルンカフィラレートエリザベス徳川家康徳川家康エリザベス朝エリザベス1世

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone