コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

からっ風 からっかぜ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

からっ風
からっかぜ

冬季,日本海側から山脈を越えて太平洋側,特に関東平野に吹きおろす風。低温で乾燥している。那須野原赤城山麓の前橋市付近,関東平野中央部の利根川沿いで,それぞれ,那須おろし,赤城おろし,筑波おろしなどの名で呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

からっ風
からっかぜ / 空風・乾風

冬季、関東地方に卓越する北西寄りの乾燥した冷風。「からかぜ」ともいう。「空風と日雇いは日暮れまで」という諺(ことわざ)からもわかるように、からっ風は日中それも午後2~4時ごろもっとも強いが、日暮れとともに収まる傾向がある。昔は道路など舗装していなかったので、からっ風の吹く日は風塵(ふうじん)が著しく、ほこりは江戸の名物にまでなっていた。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

からっ風の関連キーワードフェ浜松(市)船越 英二土方錦ノ助群馬(県)静岡(県)磐田(市)栃木(県)季節の風根本順吉増村保造沼田盆地両毛地方富士見群馬県

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からっ風の関連情報