コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

からっ風(読み)からっかぜ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

からっ風
からっかぜ

冬季,日本海側から山脈を越えて太平洋側,特に関東平野に吹きおろす風。低温で乾燥している。那須野原赤城山麓の前橋市付近,関東平野中央部の利根川沿いで,それぞれ,那須おろし,赤城おろし,筑波おろしなどの名で呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

からっ風
からっかぜ / 空風・乾風

冬季、関東地方に卓越する北西寄りの乾燥した冷風。「からかぜ」ともいう。「空風と日雇いは日暮れまで」という諺(ことわざ)からもわかるように、からっ風は日中それも午後2~4時ごろもっとも強いが、日暮れとともに収まる傾向がある。昔は道路など舗装していなかったので、からっ風の吹く日は風塵(ふうじん)が著しく、ほこりは江戸の名物にまでなっていた。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からっ風の関連情報