コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きょしちょう座 きょしちょうざ Tucana

2件 の用語解説(きょしちょう座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

きょしちょう座
きょしちょうざ
Tucana

巨嘴鳥座。概略位置は赤経 23時45分,赤緯-68°。天の南極付近にある星座で,日本からは見えない。輝星に乏しく,11月中旬の宵に南中する。α星は 2.9等。ξ星は球状星団 NGC104。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

きょしちょう座
きょしちょうざ / 巨嘴鳥座

天の南極付近にある小星座で、日本からは見ることができない。ドイツバイヤーJohann Bayer(1572―1625)が1603年に刊行した全天星図『ウラノメトリア』に初めて登場する新設星座。この星座には、南天の奇観の一つである小マゼラン星雲(小マゼラン銀河)があることで知られている。[藤井 旭]
『林完次著『星座「秋」』(1987・保育社) ▽藤井旭著『星の旅』(河出文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょしちょう座の関連キーワードコップ座コンパス座巨嘴鳥座きょしちょう座(巨嘴鳥座)けんびきょう座(顕微鏡座)こじし座(小獅子座)とびうお座(飛魚座)ふうちょう座(風鳥座)やまねこ座(山猫座)ろ座(炉座)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone