きら(読み)キラ

デジタル大辞泉の解説

きら

きらきらする光。また、鱗粉(りんぷん)や水面に浮いた油など、きらきら光って見えるもの。
きらら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きら

〘名〙 (きらきらと光を反射させるものの意)
① =きり
※函碕文庫本堤中納言(11C中‐13C頃)虫めづる姫君「蝶はとらふれば、手にきらつきて」
② (浮垢)(「ぎら」とも) 水や湯などに、油、あく、鉄気(かなけ)などが浮き出してきらきらと光っているもの。
俳諧・雑談集下(1692)「逢みてぞ二度びっくりの殺しぶり〈楊水〉 涌口とめてかゆる湯の膚(キラ)〈普船〉」
[補注]①の「堤中納言」の用例は、諸本「きり」とあるものが多い。

きら

〘名〙 (吉良上野介の「こうづけ」を「香漬け」にかけていう) 漬物(つけもの)、香の物をいう、人形浄瑠璃社会の隠語。
※楽屋図会拾遺(1802)下「香の物をきら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きらの関連情報