コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くじゃく座(孔雀座) くじゃくざPavo

1件 の用語解説(くじゃく座(孔雀座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くじゃくざ【くじゃく座(孔雀座) Pavo】

略号はPav。南天の小星座。1603年にJ.バイヤーによって創設された。日本からは見えない。α星は分光連星で2.1等,スペクトル型はB3,230光年の距離にある。β星は3.6等,スペクトル型A5,110光年の距離にある。ほかに球状星団NGC6752がある。概略位置は赤経19h10m,赤緯-65゜。午後8時の南中は9月上旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

くじゃく座(孔雀座)の関連キーワードエピデンドルムカルセオラリアニーレンベルギアパバーヌキナノキエリザベス徳川家康ジェームズ[1世]横田村詮エリザベス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone