コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こくる こくる

大辞林 第三版の解説

こくる

( 動四 )
強くこする。 「寄せ付けず木で鼻-・る男ども/浄瑠璃・井筒業平」
( 接尾 )
〔動詞四段型活用〕 動詞の連用形に付いて、その動作の激しいさまを表したり、その動作を強調したりするのに用いる。 「黙り-・る」 「ありや去り-・つてしまうて/歌舞伎・幼稚子敵討」 〔主として近世に用いられ、現代語では「黙りこくる」などの語として残っている〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こくるの関連キーワードルドルフとイッパイアッテナ木で鼻を括る食物繊維動詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こくるの関連情報