コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こけ猿 コケザル

デジタル大辞泉の解説

こけ‐ざる【こけ猿】

猿をののしっていう語。老いぼれた猿、うす汚れた猿、やせこけた猿などの意。
「美しい黒髪をこのやうに剃り下げて、手足は山の―ぢゃ」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こけざる【こけ猿】

群れから追放されて、ひとりになった猿。孤猿。
猿をののしっていう語。老いぼれた猿、やせこけた猿、おろかな猿などの意。人をののしってもいう。 「手足は山の-ぢや/浄瑠璃・丹波与作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こけ猿の関連キーワードしょぼ濡れる三隅 研次丹下左膳三隅研次

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android