野郎(読み)ヤロウ

デジタル大辞泉の解説

や‐ろう〔‐ラウ〕【野郎】

男性をののしりさげすんでいう語。「あの野郎、ふとい奴だ」「ばかな野郎だ」
前髪をそり落とした若い男。
「さてさて利口な―ぢゃな」〈浄・丹波与作
野郎歌舞伎の役者。
「歌舞伎といふ事法度になり、太夫子残らず前髪おろして―になりし時は」〈浮・男色大鑑・五〉
野郎頭」の略。
野郎帽子」の略。
男色を売る者。かげま。
「大坂に逗留の中に一日は―もよしや」〈浮・一代男・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やろう【野郎】

男性をののしっていう語。 ⇔ 女郎めろう この- 馬鹿-
月代さかやきを剃った若者。 十二、三の-に紙子の広袖/浮世草子・懐硯 1
「野郎頭」の略。
野郎頭の歌舞伎役者。若衆歌舞伎が禁止されたために、若衆の前髪を剃って野郎頭としたことからの呼び名。
男色を売る者。かげま。 一日は-もよしや/浮世草子・一代男 5
三人称。男性を卑しめて呼ぶ語。やつ。あいつ。 -の言うことはあてにならない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐ろう ‥ラウ【野郎】

〘名〙
① 若い男。特に前髪を剃り落として一人前になった若者。
浮世草子・懐硯(1687)一「十二三の治郎(ヤラウ)に紙子の広袖鈍子の衣裏はさなから脇指袋をときて掛たるやうなり」
② 男をののしっていう。また、動物などを人に見立ててそれをののしっていう語。→このやろう
※咄本・笑長者(1780)碁将棊「あのやろうにまけては、おれも若いものがたたねヱから」
③ 前髪を剃った歌舞伎俳優。野郎歌舞伎の役者。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)序「名とりの野郎(ヤラウ)に心をうつすもあり」
④ 男色を売る者。かげま。
※仮名草子・よだれかけ(1665)六「販ぎ若衆をしろうるりといふ名は御所がたよりいで、洛川といふは所化がたよりいでやらうといふは町がたよりいひ出したる異名にぞ侍る」
世草子・男色大鑑(1687)五「太夫子残らず前髪おろして、野郎(ヤラウ)になりし時は、ひらかぬ花の散るここちして」
※藤十郎の恋(1919)〈菊池寛〉四「虎膚天鵞絨(とらふビロウド)の羽織に、紫の野良帽子(ヤラウ)をいただいた風情は、宛ら女の如く艷めかしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野郎の関連情報