こそあれ(読み)コソアレ

デジタル大辞泉の解説

こそ‐あれ

[連語]《係助詞「こそ」+動詞「あり」の已然形。逆接の意味で下に続く》
…はあることはあるが。「図書室でこそあれ、ろくな本はない」
「こそかくあれ」「こそ多くあれ」など、「こそ」と「あれ」との間の語を明示しない言い方で、下に続く。
「今―我も昔は男山さかゆく時もありこしものを」〈古今・雑上〉
上の言葉を強める。
「花もやうやうけしきだつほど―折りしも雨風うち続きて」〈徒然・一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こそあれ

( 連語 )
「こそかくあれ」「こそ多くあれ」などの「こそ」の下に来る語句を略した形。しかじかありと一応肯定しておいて、下に反対の意味の事柄を導く。 「今-我も昔は男山さかゆく時もありこしものを/古今 雑上」 「月日も-、なかなかこの御有様をはるかに見奉るも身の程くちをしう覚ゆ/源氏 澪標

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こそあれの関連情報