コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こみず コミズ

2件 の用語解説(こみずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こみず〔こみづ〕

[名・形動]
ささいなこと。細かなこと。また、そのさま。
「誠に―な所へ気が付かっしゃるから」〈人・梅児誉美・後〉
しみったれなこと。けちなこと。また、そのさま。
「これ―な客のすることなり」〈洒・通言総籬
こごと。とがめだて。文句。
「おいらが引いて来た此の車に―ぬかすが最期」〈伎・韓人漢文〉
悪口をいうこと。中傷。
「判官(きゃく)へいろいろと―を言うて」〈洒・秘事真告〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こみず

〔近世語〕
( 形動ナリ )
小さいさま。ささいなさま。 「誠に-な所へ気がつかつしやるから/人情本・梅児誉美
金銭に細かいさま。しみったれているさま。 「八つを打てあがると素一本にてすむ、これ-な客のする事也/洒落本・通言総籬」
( 名 )
不平・不満。文句。 「判官きやくへいろいろと-をいふて/洒落本・秘事真告」
落ち度。過失。 「その大事のものを書き入れさして置いたが、こちの-ぢや/歌舞伎・三十石」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こみずの関連キーワード近世語血臭いてや偏無い世語り浮世語りせつ・い無き世語りにやこ・いみそご・い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こみずの関連情報