コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こみず コミズ

デジタル大辞泉の解説

こみず〔こみづ〕

[名・形動]
ささいなこと。細かなこと。また、そのさま。
「誠に―な所へ気が付かっしゃるから」〈人・梅児誉美・後〉
しみったれなこと。けちなこと。また、そのさま。
「これ―な客のすることなり」〈洒・通言総籬
こごと。とがめだて。文句。
「おいらが引いて来た此の車に―ぬかすが最期」〈伎・韓人漢文〉
悪口をいうこと。中傷。
「判官(きゃく)へいろいろと―を言うて」〈洒・秘事真告〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こみず

〔近世語〕
( 形動ナリ )
小さいさま。ささいなさま。 「誠に-な所へ気がつかつしやるから/人情本・梅児誉美
金銭に細かいさま。しみったれているさま。 「八つを打てあがると素一本にてすむ、これ-な客のする事也/洒落本・通言総籬」
( 名 )
不平・不満。文句。 「判官きやくへいろいろと-をいふて/洒落本・秘事真告」
落ち度。過失。 「その大事のものを書き入れさして置いたが、こちの-ぢや/歌舞伎・三十石」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こみずの関連キーワード長崎県壱岐市美濃部洋次革新官僚玉音放送漿・濃漿岡田啓介洒落本濃漿食事弁慶

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android