ごそ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることが多い)
① ごそごそと物音がするさまや物が動く気配を表わす語。
※浄瑠璃・津国女夫池(1721)三「欲にふける人でなしのちく生共、ごそ共せば、ぶてぶて」
※郊外(1900)〈国木田独歩〉二「ゴソッ・ガサッといふ音が漸々近づいて来るやうで気になってならない」
② ごっそり。全部。
※俳諧・本朝文選(1706)三・譜類・百花譜〈許六〉「ごそと剃こぼして、尼になりたるこそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android