コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごみ発電 ごみはつでんwaste‐generated electricity

1件 の用語解説(ごみ発電の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ごみ発電

都市ごみを燃料とする発電方式。都市ごみの発熱量が十分大きければ焼却熱で発電でき、多くの清掃工場では所内電力や売電に向けている。発電後の蒸気を地域暖房温水プールへの熱供給に回す場合もある。下水汚泥は含水率が80%近くだが、有機分もあり、これをエネルギーとして回収するには、脱水・乾燥して焼却するか、メタン発酵などでメタンガスを取り出す必要がある。回収ガスを用いて蒸気タービンを回し発電するのが汚泥ガス発電

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ごみ発電の関連情報